LINK
カード利用料の振り替え不可のケースが頻発している→不履行をするまではいかなくともクレカカード請求額の引き落とし日時点で残高が不足し、利用料支払いが不可能という事象がしばしば起きているような場合クレジット発行会社が『日常的に債務超過と推測できる』というように予想してくるために強制失効ということになってしまう場合があります。財力はあるはずなのにうっかり振り替え不可にしてしまうということを続けることも、クレジット会社に言わせると信頼の置けないクレジットカードメンバーとなるために、借金をしているかそうでないかによらず強制退会になる時も過去にあるので要注意です。忘れっぽい人への評価の内容というものは高い確率で良くはないのだ。さらに言うと、一回でもこういった利用料金の引き落としができないケースが起こると、クレジットカードの使用期限切れまで決済できても次からの継続更新がしてもらえない場合もあります。重大なものだと再認識して、支払日を必ず記憶しておくようにして欲しいと思います。現金化等を使用する》カードのキャッシング限度額がすでにいっぱいになってしまい、もうこれ以上どこからキャッシュを貸してもらえないことで、カード現金化というようなカードのショッピング利用額を使う換金術などを利用した場合、それだけでクレカの強制失効という処理がされてしまう例もあるようです。元を正すとカードの発行会社ではカード規約の中で換金を目的としているクレカの使用をNGとしているので現金化利用=ルール違反=強制没収という事態になることも不思議な話ではないのです。深く考えずに現金化を使用するとローン残高の全額請求などというものをされてしまうケースもあるのでどんなことがあっても使わないようにしていただきたいです。