LINK
契約店で全部の保有カードが切れるのでもありません。◆クレジットカードの契約店は多くは、複数のクレジットカード運営会社に加盟していますが、ちょっと不便ですが全部のお店で全部のサービスのカードが使用できるのではありません。例をあげていうと昔ながらの契約店のときはJCBの書いたそのクレジットカードしか使用不可なときもあるし、最近の商店ならばVISAとかマスターカードといったマークのついたやつのみしか使用できないときもあります。ダイナースカードみたいなクレカ会社の場合には、いっそう決済できない状況が多いでしょう。どのブランドの所有クレジットカードが使用できるかをいかにして確かめたら良いのか「ではどのようにしてどの印の所有クレカが使用可能かというのを判断したらいいの?」といってはみたものの確実に見るんだとすると商店の店員にお見せしてみる以外にはないというのが実は正しい回答です。ただ大体のショップやレストランにはお店のエントランスの部分に決済できるカード会社の案内がプリントされたステッカーが貼られていることから、「ああ、あの店はVISAカードが使用できるのか」といった感じで不安にならないようになってるし留意しておいてください。反対に、きっちりと案内が行き届いていない店舗で用いる際には、マークが掲載されている場合でも「当店舗ではご提示いただいたクレジットカードはご決済いただけません」という回答を受けてしまう場合もないといえなくもなく途方に暮れてしまうこともなくもないですね。やはり可能な限りは全ての加盟店でクレカが使えるようにしようとすると、別のマーク(インターナショナルなブランド)がある一般的なVASA、マスターカードダイナースカード、等のクレジットカードを2枚以上は使えるようにしておくようにするようお勧めします。(例として:ライフカードをいつも使っているならその次はMasterCard契約のクレカを使用するなど)。国内においては、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの契約が入っているクレカを日ごろから使っていれば、よほどのことがない限り100%近くの加入店舗でどれかしらのカードを渡すことができます。クレカを活用して有効にカードライフを目指すためには、早いうちにそれぞれのカードを契約しておいていただくことをお勧めします。